Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【観戦記】第82回インカレ 決勝 対早稲田大学

第82回日本学生氷上競技選手権大会 決勝 明治大学対早稲田大学
(2010年1月9日 霧降アイスアリーナ)

明治大学
31寺島-35加藤
30木谷-14江端-61土屋-8長岡-21赤坂
19近藤-22田中-23小原-4坂田-10本野
18古市-39牛来(拓)-56山田-2今坂-71楠本
26原-11角橋-91関戸-20牛来(建)-47阿部

早稲田大学
38-2
21-18-23-4-
17-8-13-22-14
25-19-37-3-39
11-26-32-30-28
(メンバー発表の途中で、周りにいろんな人がやってきたので、聞き取れていません・・・)

レフェリー:ホッカネン・川村
ホームチーム:明治大学

<第1ピリオド>
0:32 早稲田に2-1を取られるが、残っていた赤坂がしっかり守り、シュートもゴール脇に反れる。

0:43 ゴール左フェイスオフからブルーライン上の早稲田の選手にシュートを打たれるが、GK寺島がキャッチ。

1:41 楠本がニュートラルゾーンから持ち込み、ゴール前でシュート、こぼれたパックを今坂が叩くも決められず。

1:58 反則 早稲田3 ラフィング

2:24 自陣でのパス出しでもたつき、早稲田・久慈にパックを奪われてシュートを打たれる。

4:00 ゴール前に詰めていた赤坂がシュートを放つが決められず。

4:38 早稲田1点目 G23←18
 長岡の顔にスティックが入り、動けなくなったところで、早稲田に2-1を取られ、バックドアに叩き込まれた。

6:00 ゴール左前で今坂がフリーでシュートを打つが決められず。

7:52 早稲田2点目 G8←A23
 1-1の形で残っていたDFは長岡。ミドルシュートを肩口に決められた。

7:52 明治 タイムアウト
 寺島の連続失点のショックを和らげるためなのか、早稲田の攻撃スピードに合わせ切れていない部分を修正するためなのか。1ピリのこんなに早い時間でベンチが動いてきたのがこの後どう出るのか。

 この後早稲田、明治ともにふわふわとした感じで、なかなかパックが繋がらない状態がしばらく続く。

13:22、13:28 早稲田・久慈にゴール右、正面から立て続けにフリーでシュートを打たれるがGK寺島がセーブ。
 このあたりから2つ目のウイングに小原の代わりに牛来(建)が入る。

14:18 牛来(建)がゴール正面に抜けていってシュートを放ち、リバウンドも自分で叩くが決められず。

15:40 坂田がゴール右サイドからシュート、リバウンドも出るが決められず。

17:19 ゴール右横から土屋がフリーでシュートを放つが、ゴール上。

17:40 早稲田のシュートがポスト上に当たり寺島の背中に当たりクリーズ内に落ちる。本野が掻き出してセーフ。

18:31 ゴール右サイド赤坂がシュート、リバウンドに牛来(建)が詰めるが決められず。
 ここから明治がずっと攻め続け、何度もチャンスを作るがものに出来ず。

シュート数 明治11 早稲田12

<第2ピリオド>

0:21 江端がフリーで抜けて、ゴール左サイドからシュート、GKにセーブされる。

3:23 古市が右サイドを駆け上がってシュートを放つが、シュートが枠に入らず。

4:15 反則 早稲田13 フッキング

4:32 追い上げる! 明治1点目 G22田中←A4坂田(+1)
 ブルーライン中央の坂田からゴール前右サイド田中にパスが通り、田中がミドルシュートを左肩口に決めてきた。

5:12 反則 明治61 フッキング

5:54 反則 早稲田14 フッキング
 田中がパックを奪い、早稲田ゴール前でフリーでシュート。そこで反則をもらってくる。

6:59 近藤がブルーラインからシュート、リバウンドが出るが落ち込めず。

9:10 ゴール左サイドからフリーで早稲田にシュートを打たれるが、GK寺島がナイスキャッチ。

10:09 早稲田の選手が明治のパス(orシュート)を顔に受け負傷退場。約10分試合中断。

11:00-11:23 田中がアタッキングゾーンでパスカット。バックパスで土屋につなぎ、土屋がシュート。そこから坂田、田中と連続でシュートリバウンドを叩くが決められず。かなり厚い連続攻撃でした。

13:00-13:36 今度は逆に早稲田に攻め続けられる。

15:58 江端がゴール裏をくるっと回って、ゴール左からシュートを放つが決められず。

17:28 反則 早稲田22 フッキング
 牛来(建)がフリーで抜けたときにひっかけられた。

シュート数 明治13 早稲田13

<第3ピリオド>

0:13 土屋がニュートラルゾーンから持ち込んで、ゴール左からシュート、肩口を狙うが決められず。

1:50 本野のブルーライン左サイドからのシュートをゴール前で田中が角度を変えるが決められず。

6:16 早稲田3点目 G21←A18
 右サイドから左肩口を抜かれた。

6:36 早稲田4点目 G23←A21
 スペースががっつりあいてしまい、ゴール正面から。失点して浮き足立ったところを見事に突かれました。

8:40 坂田がブルーライン手前からシュートを放つが、GKにキャッチされる。

9:40 牛来(建)が切り込んで、GKをつり出して横からシュートを放つが決めきれず。

11:24 近藤がブルーラインからシュート、リバウンドに赤坂と田中が突っ込みゴール前混戦になるが決められず。

11:29 ゴール横フェイスオフから出たパックをブルーライン中央から坂田がワンタイムでシュートを放つがGKにキャッチされる。

14:00 反則 明治22 ホールディング
 ニュートラルゾーンでパックを奪われて、そのまま抜かれそうになったときに。

17:02 本野がゴール正面まで持ち込んでシュートを打つが決められず。

19:27 反則 早稲田23 ---(確認しきれず)

19:27 明治 エンプティネット
 最後まで攻め続けるが・・・。

シュート数 明治14 早稲田14

明治大学1(0-2、1-0、0-2)4早稲田大学


昨日の流れで、いい意味で力が抜けて勝てるかなぁ・・・と思っていましたが、やっぱり地力の差があったのかもしれませんね。
やはり決勝戦の気負いもあって、本来の力を出し切れない選手も何人かいたと思いますし、昨日の準決勝もそうだけれども、流れをぐっと引き寄せる力が今の明治は弱いんだと思います。流れを変える力を持っている選手がいないと言ってしまってもいいのかもしれないですね。
1ピリ最初の10分を押さえ切れなかったのが一番の敗因だとは思いますが、最初から最後まで選手たちは全力を尽くして、最大の力を出し続けていたと思います。

試合中、私の横に控えの選手たちが全員揃って見ていたんですが、本当によく声が出ていて、ずーっとベンチを励まし続けて、とてもいい雰囲気でした。上級生、下級生がいい関係で、本当にチームがひとつになれていたのかなと思います。この試合がこのチームで戦う最後の試合だということを全員が心に強く持って、その強さがもしかしたら寂しさの方に強く出てしまったのかもしれない・・・というぐらいに。

明治OBとしては、明治は勝たなければいけないチームだから、この結果に満足をしてはいけないと思います。
でも、あの場で見ていた一人の人間としては、準決勝を突破したことが今回のインカレの全てで、決勝戦はおまけだったのかなと思います。結果は準優勝だったけれど、なんだか満足。勝利を知っているOBの皆さんからすると不思議に思われるかもしれないですが、前回の日光インカレから3年経って、その間のことを考えると今回の準優勝はやっと優勝を目指せる位置まで明治が戻ってこられた第一歩だと思うんですよ。来年はあの舞台で胴上げが出来るように、自分たちに何が足りないのか、何をすれば勝てるようになるのか、新チームのキャプテン・長岡くんを中心に勝てるいいチームを作って欲しいと思います。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

山下恭子

Author:山下恭子
明治大学アイスホッケーチームの情報、試合観戦記、写真などを掲載していきます。
管理人:山下恭子への連絡は
kyk_pooh@hotmail.com
(アットマークを小文字に変えて下さい)
もしくはFacebook、Twitter:kyoko_zoolifeまでどうぞ。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。