Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【観戦記】平成21年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 中央大学対明治大学

平成21年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 Div1-A 中央大学対明治大学
(2009年9月21日 ダイドードリンコアイスアリーナ)

明治大学
31寺島 35加藤
19近藤 14江端 22田中 4坂田 47阿部
18古市 39牛来(拓) 61土屋 10本野 21赤坂
88外崎 23小原 56山田 3草森 16石橋
30木谷 11角橋 20牛来(建) 71楠本 8長岡

中央大学
1-30
21-61-13-31-22
18-00-99-8-3
87-2-10-23-6
19-60-47-17-44
(中央のメンバーは聞き間違えた可能性あり)

レフェリー:向坂

<第1ピリオド>

0:46 ゴール左サイド田中のパスから、右サイドの坂田がシュートを放つが、ゴール枠外。

2:22 ・・・ 中央1点目 G10←A87
 ゴール裏からのパスにゴール前に突っ込んできた中央#10が叩く。
 3つ目が中央の早い動きについていけず。サマーカップでもこんなシーンを見た記憶が・・・。

3:47 外崎が敵陣でパスカット、そのままゴール裏を回り、ゴール右横からシュートを放つが決められず。

3:59 反則 中央 メンバーオーバー(代行#2)
 このPPは古市と赤坂が1本ずつシュートを放つにとどまる。

8:00 外崎が中央ゴール裏でパックをキープし、ゴール前に流すが誰も叩けず。

9:29 反則 中央3 ディレイングザゲーム
 ダイレクトパックアウト。

10:01 PP中に中央にパックを奪われ、1-1の形となり(残ったDFは赤坂)、バックパスで中央#61にパックが渡り、フリーでゴール右前からシュートを放たれるがGK寺島がしっかりキャッチ。
 今日2度目のPPも1つ目の攻撃が全く形にならず。

11:25 赤坂のブルーライン左サイドからのシュートリバウンドに小原・山田が突っ込んでいくが叩けず。

12:31 土屋が自陣からパックを持ち、切り込んでいくがシュートに持ち込めず。

13:08 ブルーラインで跳ねたパックを田中がうまくハンドリングして、ゴール前まで持ち込みシュートを放つがGKにキャッチされる。

14:14 外崎がフリーでシュートを放ち、リバウンドに土屋がつっこんむが決められず。

15:15 近藤の自陣からのパスを出せずに、中央にシュートを放たれるが、GK寺島がセーブ。

17:30 ブルーライン右から草森がシュート、ゴール前で角度が変わるがGKにキャッチされる。

18:30 江端が自陣から持ち込み、ゴール裏を回ってゴール右横からシュートを打つが決められず。

18:54 反則 明治22 インターフェアランス

19:20 反則 明治61 フッキング
 初のSHがいきなり3on5に。。。このSHは14江端-4坂田-21赤坂の3人がオンアイス。中央が気負ったのかオフサイド連発でほとんど攻撃をさせず。

20:00 最後はゴール裏ボード際で赤坂が中央#61をしっかり抑えてパックを出させずにブザー。

シュート数 明治12 中央8

<第2ピリオド>
明治はメンバーを一部入れ替え。
2つ目 61土屋-11角橋-18古市-8長岡-3草森
3つ目 88外崎-23小原-56山田-10本野-21赤坂
(2つ目と3つ目のDFの入れ替わりは多分2ピリ途中からと思われます)

1:45 本野がブルーライン右サイドから持ち込みシュートを放つがGKにセーブされる。

1:53 反則 明治11 インターフェアランス
 初めてのオンアイスで反則しちゃったね・・・。
 このSHはGK寺島がナイスセーブを連発。

3:12 敵陣で小原がこぼれ玉を拾い、すぐにシュートを打つが、ゴール枠外す。

3:50 外崎がフリーでシュートを放つが、シュートはポスト直撃・・・惜しい。

4:10 田中がボード際からゴール前赤坂にパスが渡るが、赤坂のシュート決まらず。

4:30 そして、赤坂が再びゴール前でフリーでシュートを打つが決められず。ゴール前でホントにいいポジションにいるよねぇ。

7:01 反則 明治18 チャージング

7:38 反則 明治22 ハイスティック
 どうしてすぐに3on5にしちゃうのかしら・・・。
 23小原-10本野-21赤坂をシフト。

8:20 厳しいシュートを2本立て続けに打たれるが、GK寺島がナイスセーブ。

8:50 赤坂がフリーでパックを持ち、ニュートラルゾーンを攻め上がり、3on5なのに江端がフォローで攻め上がり2-1の形になる。赤坂から江端にパスが出て、江端がシュートを放つがシュートは枠を外して上へ。ここでGKに抑えられるようなシュートを打つのであればいいけれど、それが出来ないのなら3on5であれば江端は上がってはいけないと思うんだけど・・・。

9:05 反則 明治14 エルボーイング
 案の定、江端が外したシュートのパックを中央に拾われ、速攻で2-1の形を逆に取られ、追いかけていった江端が自陣ゴール裏で中央の選手にチェックを入れたのが反則と取られた。

10:11 中央GKが体勢を崩しているところで、ゴール裏近藤からゴール前田中にパスが繋がるが、田中のシュートは中央GKが落としていたスティックに当たってしまい決まらず・・・。

10:24 小原がゴール右横からシュートを放つがゴール枠を外す。外崎がGKのブラインドにはなっていたが、もしかしたらシュートコースまで消してた?

11:40 田中が敵陣でバックパスを出したら、明治の選手は誰もおらず、中央の選手にあっさりパックが渡る・・・。

13:10 古市がゴール正面からシュートを放つが、GKのメット直撃。

13:38 ・・・・・・ 中央2点目 G88←A3
 フリーでGK寺島の股下を抜かれた。オンアイスは88外崎-23小原-56山田-4坂田-47阿部。

14:21 反則 中央22 ホールディング
 田中が潰されての反則。ペナルティアドバンテージ中に江端がゴール正面からシュートを放つが決められず。

14:40 パワープレー成功! 明治1点目 G88外崎←A21赤坂←10本野
 ブルーライン左の赤坂からゴール右前の外崎に渡り、外崎が決めてきた!
 サマーカップからずっと一番チームを引っ張る動きを見せていた外崎がリーグ戦の明治最初のゴールをゲット。今の明治には一番必要なゴールだったかも。

15:20 角橋がノーマークできれいに抜けたところにいきなりホイッスル。オフサイドをミスジャッジされて、センターからのフェイスオフ・・・。最高の見せ所でミスジャッジは悲しいなぁ。

16:20 角橋が再びニュートラルゾーンから持ち込みシュート、リバウンドを土屋が叩くが決まらず。その後流れたパックを赤坂がゴール正面から叩くもやはり決まらず。

17:58 反則 中央87 クロスチェッキング

18:44 反則 中央99 トリッピング
 さあ、明治にも5on3のチャンスが!

19:20 中央にパックを奪われ、もたもたしている間に自陣まで持ち込まれる・・・。

19:58 やっと同点! 明治2点目 G19近藤←A22田中
 ゴール正面から田中がシュート、そのリバウンドをゴール左から近藤が押し込んだ。

シュート数 明治17 中央13

<第3ピリオド>

0:32 田中のゴール正面のシュートから、リバウンドをゴール横江端が叩くが、肩口抜けず。

1:21 外崎からゴール右サイドからシュートを放つが決まらず。

1:38 反則 中央3 フッキング

2:50 勝ち越し!!! 明治3点目 G22田中←A14江端←19近藤
 ゴール裏江端からゴール正面にパスが出て、そこに田中が突っ込んできてシュートを決めてきた。あの一瞬のスピードのある攻めは久しぶりに見たかも~。

5:00 阿部がちょっと突っ込んでパックを取りに行ったところを抜かれて、中央に2-1の形を取られたが、GK寺島がセーブ。

7:15 反則 明治61 ホールディングスティック

(久しぶりにここら辺で試合中におやつタイムを取っていたので、メモなし・・・笑)

10:31 反則 中央17 スラッシング

11:17 ブルーラインから本野がするすると上がっていって、ゴール右横からシュートを放つ。本野がこのシフトはいい動きを見せていました。

12:23 反則 中央22 クロスチェッキング+アンスポーツマンライクコンダクト(マイナー+ミスコン、マイナー代行#47)

13:15 坂田がブルーライン右サイドからシュートを放つがGKにキャッチされる。

13:36 山田がブルーライン中央からシュート、リバウンドをゴール右前小原が叩くが決められず。

14:10 赤坂のゴール左からのパスに、ゴール正面小原が飛び込んでシュートを打つが決まらず。

17:30 ゴール左前のフェイスオフから中央にラッシュをかけられ、ゴール右前からシュートを放たれるが枠を外れる(なのに、あまりにもいい攻撃だったので、ゴールランプがついちゃった・・・)。

18:16 反則 明治10 スラッシング

18:16 中央 タイムアウト
 イーブンで6人攻撃をされるよりも、SHで6人攻撃をされたほうが明治としては楽ですが、ここ最近明治が守りきれたのも見たことが無いし、エンプティを決めたのも見たことがないのが事実・・・。

18:16 中央 エンプティネット
 タイムアウト明けから中央はGKを上げてきました。

18:25 エンプティゴールが決まった! 明治4点目 G14江端←A47阿部←22田中
 ニュートラルゾーンから江端が落ち着いて流し込んだ。
 いや、エンプティゴール決めたのなんていつぶり???ホントに。

18:54 中央 エンプティネット

19:28 ゴール右サイドから中央にシュートリバウンドを立て続けに叩かれるが、GK寺島が押さえる。

19:42 あ・・・ 中央3点目 G13←A61
 シュートリバウンドをゴール正面から押し込まれた。

シュート数 明治16 中央11

明治大学 4(0-1、2-1、2-1)3 中央大学


前のエントリにも書きましたが、とりあえず私の東伏見観戦連敗記録がストップしました・・・(苦笑)2006年12月10日(最後のリーグ戦優勝の日)以来、東伏見で勝ち試合を見ました。

サマーカップで中央と当たった時とセットを変えて明治は臨んでいましたが、それが功を奏したとも言えるし、でもターニングポイントは2ピリのラインチェンジだったんじゃないかな。いい攻撃を一番作っていた外崎のセットの後ろに赤坂・本野がついたことで攻めの幅が出てきたし、2つ目のセンターに角橋が入ったことで、角橋のスピードが明治の攻撃のリズムを変えた気がします。

結果として1つ目の4年生ラインが4点中3点を決めてきましたが、彼らは本来ゴールをたくさん決めてチームの流れをぐっと持ってくるのが役目なんですよね。点が欲しいところで、確実に決めてくることを求められているセットなんですよ。でも開幕戦の一番欲しかった1点目を決めたのは3つ目。一番アグレッシブにいい攻撃を見せていた(ちょっとパターンが偏りがちだったけどね・・・)彼らが流れを引き寄せ、今日はチームがその流れに乗ることが出来ました。

今年は短期決戦のリーグ戦になります。最後にはプレーオフも待っています。奢ることなく、For the Teamで全員が試合に向けてどれだけコンディションを整えて、がむしゃらに走り抜けることが出来るかどうか。格好なんて良くなくていいから、とにかく泥臭く貪欲に、目の前の勝利と、リーグ戦優勝&インカレ優勝を目指して。

久しぶりにゴールシーンや勝利シーンを見て、やっぱりこれが見たくて私は明治を追いかけ続けているんだなぁと実感しました。こんなに嬉しいものだとは、さすがに3年も見てないと忘れていました(笑)
次私が見にいける試合は、ファイナル。ファイナルに進めるように、前へ前へ。頑張れ、明治!
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

山下恭子

Author:山下恭子
明治大学アイスホッケーチームの情報、試合観戦記、写真などを掲載していきます。
管理人:山下恭子への連絡は
kyk_pooh@hotmail.com
(アットマークを小文字に変えて下さい)
もしくはFacebook、Twitter:kyoko_zoolifeまでどうぞ。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。