Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第80回インカレ@苫小牧 決勝 東洋大学 対 明治大学

2008年1月9日(水)
第80回日本学生氷上競技選手権大会

決勝戦 東洋大学 対 明治大学

オールメンバー
明治大学
55浅利 31寺島
17近藤 22田中 61土屋 77梁取 21赤坂
19河野 14江端 88外崎 3坂田 71長岡
10畑中 39草野 16高田 30金塚 44島影
11沢崎 91関戸 20牛来 7増田 2今坂

東洋大学
39-33
50-21-20-6-3
44-18-11-5-14
16-17-12-15-4
48-19-13-8-7

レフェリー:山内 ホーム:明治大学



第1ピリオド

0:20 ニュートラルゾーンでカットしたパックを梁取が持ち込みブルーライン右からシュートを放つがGKに押さえられる。

2:01 反則 東洋16 トリッピング
 畑中がゴール左からシュートを放ち、リバウンドを自ら拾ったところで倒された。

2:47 ゴール左前から赤坂がシュートを放つが、ゴールの枠を反れる。

4:30 高田がゴール裏を回ってシュートを放つが決められず。

 両チームともパスがあまりつながらず、ばたばたした感じで試合が進むが・・・

5:22 先制される 東洋1点目 G6←A17←12
 ゴール右サイドからフリーでGKと1対1の状態で決められた。

6:02 反則 東洋3 フッキング
 このパワープレーは東洋の早いチェックにてこずり、ほとんどセットできず。

10:02 反則 明治77 ホールディング

10:57 ・・・ 東洋2点目 G6←A14←44
 ショートハンド守り切れず。ゴール正面やや左からGKの股下を抜かれた。

11:20 畑中がニュートラルゾーンから持ち込んでゴール裏を回って、ゴール右横からシュートを放つがGKに押さえられる。

12:54 河野のゴール裏での粘りから、河野、江端と連続でシュートを放つが決められず。

19:09 反則 明治22 ホールディング

シュート数 東洋12 明治9



第2ピリオド
明治はGKを浅利→寺島に交代、さらに1つ目のFWラインを20-22-17に変更

3:00過ぎまで明治は防戦一方。アタッキングゾーンになかなか入っていけない。

3:18 反則 東洋3 スラッシング

3:24 田中がブルーライン右からシュートを放つが決まらず。

3:42 近藤がゴール右前でワンタイムでシュートを放つが決められず。
 このあたりから明治はやっとシュートが出始める。

7:00頃 2つ目がアタッキングゾーンで攻め続けるが、点には結びつかず。

9:51 草野が自陣から持ち込んでゴール右前からシュートを放つがGKにセーブされる。

11:16 梁取の足に東洋のシュートが直撃し、担架で運ばれる・・・(その後しばらくして梁取は通常通りのシフトに復帰)

11:30 今度は長岡の足に東洋のシュートが直撃。。。

13:05 田中のゴール右サイドからのシュートでGKの体制を崩し、リバウンドも叩くがGK正面に入ってしまう。

13:39 反則 明治22 スラッシング

14:21 反則 東洋20 ダイビング

16:05 ゴール右サイドから江端がパックを押し込もうとするが決められず。

16:30 赤坂がゴール正面からシュートを放つが、GKにセーブされる。

16:39 反則 明治17 ラフィング

17:42 突き放される・・・ 東洋3点目 G6←A50←20
 ショートハンド。右サイドからGK股下を抜かれる。相手DFにハットトリックを決められるとはね・・・

18:45 長岡がブルーライン左サイドからシュートを放つが、GKに押さえられる。

19:07 ゴール裏外崎からゴール左前河野にパスが出るが、河野のシュートはGKにセーブされる。

シュート数 東洋9 明治12



第3ピリオド

2:51 江端がニュートラルゾーンで抜けて、相手DFが一人ついている状態でゴール前まで切り込みシュートを放つがGKに押さえられる。

3:50 アタッキングゾーンブルーライン中央でパスカット、草野がそのまま切り込み、ゴール前の畑中がシュートするがGKにセーブされる。

4:42 ・・・ 東洋4点目 G50←A20←6
 東洋に2-1を取られ、GKが振られて、右サイドから叩きこまれた。

6:20 反則 明治19 ホールディング

6:24 東洋のゴール前からの強烈なシュートをGK寺島がナイスセーブ。

10:10 反則 明治77 クリッピング

11:40 アタッキングゾーンで田中が東洋からパックを奪いそのままシュートを放つが、GKにセーブされる。

14:30 東洋のブルーラインからのシュートをGK寺島がナイスセーブ。

16:19 ゴール左フェイスオフから出たパックをブルーラインの島影がシュートを叩くがGKに押さえられる。

17:01 畑中が中央から抜けてフリーでシュートを放つがGKにセーブされる。

17:01 反則 東洋16 ハイスティック

17:29 ゴール裏の江端からゴール右前の坂田にジャストタイミングでパスがでて、坂田がワンタイムでガラ空きのゴールに向かってシュートを放つが・・・決められず。

19:25 東洋に2-1を取られるが、ゴールポストにあたって跳ね返ってくる。

19:44 東洋 タイムアウト

19:44 明治 エンプティネット
 最後のシフトは22-14-88-19-3-77

シュート数 東洋14 明治16

東洋大学 4(2-0、1-0、1-0)0 明治大学

 
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

山下恭子

Author:山下恭子
明治大学アイスホッケーチームの情報、試合観戦記、写真などを掲載していきます。
管理人:山下恭子への連絡は
kyk_pooh@hotmail.com
(アットマークを小文字に変えて下さい)
もしくはFacebook、Twitter:kyoko_zoolifeまでどうぞ。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。