Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【観戦記】第81回インカレ 準決勝 中央大学対明治大学

第81回日本学生氷上競技選手権大会 準決勝 中央大学 対 明治大学
(2009年1月8日 八戸市新井田インドアリンク)

明治大学
GK31寺島 35加藤
19近藤 14江端 20牛来 12今川 77梁取
61土屋 22田中 88外崎 4坂田 21赤坂
11角橋 39草野 16高田 8長岡 47阿部
18古市 10木谷 26原 44島影 30金塚

中央大学
GK30-1
10-21-18-8-22
61-13-11-3-6
99-88-87-31-5
14-7-17-2-23

レフェリー:小泉、ラインズマン:宮崎、山子
ホームチーム:明治

<第1ピリオド>

0:20 近藤がゴール左サイドからシュートを放つが、その後のパックが流れ・・・

0:35 中央1点目 G13←A3←11
 自陣ブルーラインを前にして、坂田・赤坂のDF二人がパックがアイシングになるのか、自分たちで追うのかを一瞬ジャッジして腰が上がったときに、ちょうど二人の間を抜けて中央13にノーマークをとられる。GK寺島は正対していたが股下を抜かれる。

3:57 中央にゴール左サイドからシュートを打たれるが、GK寺島がキャッチ。

4:30 センターラインの田中からアタッキングゾーンブルーラインの土屋にパスが通り、土屋がそのままもちこみシュートを放つが、ゴール枠に入らず。

4:52 長岡が自分で持ち込みシュートを放つがセーブされる。

5:18 角橋がゴール右サイドからシュート、リバウンドが流れてブルーラインまで来たパックを、長岡が左サイドからたたくが決められず。

5:27 ゴール右サイドフェイスオフから出たパックを近藤がワンタイムでたたくが、中央GKにセーブされる。

6:52 自陣のパックを田中がカットし、中央の選手を二人後ろに引き連れたまま持ち込んでシュートを放つが、ゴール上にそれる。

7:16 外崎が持ち込んで低いシュートを放つがセーブされる。

8:43 中央2点目 G61←A11←13
 中央に2-1を取られて、ゴール右サイド・左サイドからと立て続けにシュート・リバウンドを叩かれる。2本目のシュートのパックがGK背後で見えなくなっていた(止まっていた?)パックを押し込まれた。パックはベンチ側からはGKに隠れて一切見えなくなっていて、リンク上の選手もホイッスルが吹かれるだろうと全員が腰を上げたところでの失点。あれだけパックが動いていなかったから、見ていた私もなぜホイッスルが吹かれないんだろう・・・と思っていたところだったですが・・・。でも2点ともセルフジャッジのミスでの失点・・・。何してるのよ・・・。

9:05 反則 明治47 スラッシング

9:49 中央3点目G11←A61←13
 最初のショートハンドを守りきれず。ゴール前左サイドから放たれたシュートがGK後ろのゴールライン上で止まっていたように見えて、それを田中がかき出したが、かき出したところでゴールのジャッジ・・・。スタンドからは完全にパックがゴールラインを割っているようには見えなかったけど、近くで見ていたレフェリーには見えていたんでしょうねぇ。

9:49 明治 タイムアウト
 そしてGKを31寺島→35加藤に交代。

10:30 近藤がゴール前で立て続けにシュートを放ち、最終的にゴールにパックはねじこむがキックシュートとのジャッジでノーゴールに。あの狭いスペースでキックシュートね・・・。ファインダー覗いていたいのでパックが入るところしか見えていませんでした。

13:17 やっと1点入った! 明治1点目 G22田中←A61土屋←88外崎
 ニュートラルゾーンの外崎からブルーライン中央の土屋にパスが出て、土屋がパックを持ち込み、ゴール正面の田中にパックを渡し、田中がゴール正面から決めてきた。

13:40 外崎のゴール前左サイドからのミドルシュートがゴールポストにあたる。

13:58 反則 明治8 インターフェアランス

14:24 中央にゴール右サイドからシュートを打たれるが、GK加藤がセーブ。リバウンドもしっかりケアする。

15:02 反則 中央11 インターフェアランス

15:15 江端がニュートラルゾーンから持ち込みシュートを放つ。

15:30 梁取がゴール裏で粘り、ゴール前の近藤にパス。近藤がそのままシュート、リバウンドが牛来の前に出るが叩けず。

18:30 ボード際の牛来からゴール前左サイドの近藤にパスがつながり、近藤がバックハンドでゴール前の江端にパスを出すも江端決められず。

19:55 明治がシュートを放ち、ホイッスルが鳴った後に田中が中央61からチェックを受け下敷きになる。前日痛めた肩を再び・・・。

シュート数 明治17 中央13

言い訳したいであろう失点が続いているけれど、きっちり守ってリズムを作らなきゃいけないショートハンドを守りきれていないことと、もらってるチャンスをきちんと生かせていないことに一番の問題があることに早く気づこうよ。。。

<第2ピリオド>

0:46 ゴール裏の土やからゴール前の田中にパスが出るが、田中のシュートはゴールの枠を外れる。

2:07 反則 明治20 ホールディング
 ボード際で中央の選手に倒された後、離さなかったのをホールディングに。

3:02 中央に2-1を取られるが、GK加藤がナイスセーブ。

4:35 坂田がブルーライン左サイドからシュートを放つが、セーブされる。

5:32 中央に2-1を再び取られるも、GK加藤がしっかり抑える。

5:56 中央にノーマークを取られそうになるが、長岡が追いつきカット。

6:23 角橋初ゴール! 明治2点目 G11角橋
 ゴール右前からのミドルシュート。角橋の初ゴールが大切なインカレ準決勝で決まりました!
 
6:54 反則 中央31 ボーディング
 土屋に背後からチェックを入れ、土屋は頭からボードに突っ込む・・・。

9:02 反則 中央61 ハイスティック
 梁取の顔にスティックが入る。

9:31 反則 中央8 ボーディング/明治88 アンスポーツマンライクコンダクト(ダイビング)

10:06 ブルーライン左サイド・梁取→ゴール前左・近藤→ゴール前右・牛来にパスが回るが、牛来ががら空きのゴールに入れられずサイドネット・・・。惜しい。

14:11 土屋がゴール左前からミドルシュートを放つ。

14:36 高田がゴール裏で粘り、角橋にパス。角橋がゴール裏からゴール前の草野にパスを出すが決められず。

14:50 中央に3-1を取られるが、梁取の守りとGK加藤の好セーブで守りきる。

16:45 反則 中央11 チャージング

19:13 中央・有吉のシュートをGK加藤がナイスキャッチ。

19:18 反則 明治77/中央99 ラフィング

シュート数 明治16 中央8

<第3ピリオド>

6:14 反則 明治88 ディレイングザゲーム
 パックがダイレクトに外に。

6:47 中央4点目 G18←A21
 ゴール左横の角度のないところから放たれたシュートが、GK加藤の背中に当たってゴールへ。

9:04 反則 中央22 ディレイングザゲーム
 パックがダイレクトに外に。
 このPPはまともにパックを持たせてもらえず、残り3秒までセットできず。結局シュート0。

12:00 反則 明治22 クロスチェッキング
 明治ベンチ前で中央の選手の首に手をかけた。

14:00 近藤がショートハンド中に切り込んでシュートを放つが決められず。

14:29 反則 明治12 ホールディング

15:09 反則 明治21/中央21 ラフィング

17:33 江端がゴール左サイドから持ち込んでシュートを放つが、GKに押さえられる。

17:45 中央に2-1を取られるが、パスをカットして逆に攻め込み・・・

17:56 反則 中央61 インターフェアランス
 こんな試合終盤にPP。決めないと・・・。
 でも、なかなか攻めきれないうちに・・・

19:27 反則 中央99 トリッピング
 中央ゴール前で梁取が倒された。残り30秒で5on3のPP。

19:27 1点差! 明治3点目 G14江端←A77梁取←22田中
 ゴール右横から。

19:39 明治 エンプティネット

19:57 中央5点目 G61(EN)

シュート数 明治7 中央13

明治大学3(1―3、1―0、1―2)5中央大学


明日は9:30より3位決定戦対早稲田大学です。

悔しいというより、悲しい。
全力で闘っていたのはひしひしと感じたけれども…。
あんなに途中から入ったGK加藤もしっかり守り抜いたのに…。
もっと勝つために出来ることは無かったのかな…。

レフェリーのジャッジについて文句を言いたい気持ちはよくわかる。でも6回もらったPPのチャンスを潰し続け、結局点が取れたのは試合終了30秒前。逆にSHでは2点決められている。両方のチームに同じだけジャッジによる流れが来ていたはずなのに、つかめなかったのは気持ちの切り替えが出来ていないから。公式戦でほとんどマスクを被っていないGK加藤があれだけ必死に守り続けて、明治への流れを作ってくれていたというのに、それもつかめない。

全員で勝利を掴むために、4年生を勝利で送り出すために、ひとつになれていたのかしら。
試合終了後、泣き崩れたGK加藤の姿を見ながら、全員の気持ちが合っていれば、最後の砦から作ろうとしていた明治への流れは掴んであげられていたんじゃないかなぁ・・・と思っていました。
自分のためにプレーをするのはもちろんだけど、このチームで試合をするのはたった1年限り。その1年を最高のものにするには、先輩・同期・後輩を思いやって、サポートしてくれるチームスタッフ、スケート部OB、父兄のみなさん、学校関係者の皆さんの陰ながらの力を感じ取って感謝して・・・という基本的な気持ちの部分をしっかり持つことが第一なんだと思います。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

山下恭子

Author:山下恭子
明治大学アイスホッケーチームの情報、試合観戦記、写真などを掲載していきます。
管理人:山下恭子への連絡は
kyk_pooh@hotmail.com
(アットマークを小文字に変えて下さい)
もしくはFacebook、Twitter:kyoko_zoolifeまでどうぞ。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。