Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【観戦記】第83回インカレ 準々決勝 vs日本大学 

第83回日本学生氷上競技選手権大会 準々決勝 日本大学vs明治大学
(2011年1月8日 釧路市アイスアリーナ)

明治大学
GK44伊藤 35加藤
61土屋 22小原 20牛来(建) 8長岡 14佐藤
30木谷 19牛来(拓) 56山田 10本野 21赤坂(優)
11角橋 17高橋 18古市 16石橋 47阿部
40上野 13原 87金 15奥平 76本間

日本大学
GK33-4
10-26-22-7-29
21-19-18-23-15
12-11-27-2-6
34-16-14-5-32

レフェリー:山内・向坂/ラインズマン:高橋・金沢
ホームチーム:明治大学

<第1ピリオド>

1:47 反則 明治30 デンジャラスイクイプメント
 マウスピースを外していたのをレフェリーに見つかり・・・。レフェリー山内氏の判断はマイナーペナルティ・・・?

3:15 ここでオフィシャルボックスからレフェリーが呼ばれ、デンジャラスイクイプメントは最低ミスコンダクトであることが指摘され、ここまでのショートハンドは実はやらなくていいものだったことが判明。反則した方が悪いのは事実(前日の試合から私たちの目にもついてたことだったし・・・)だけど、氷上に2名レフェリー、2名ラインズマンがいて、かつオフィシャル上にはスーパーバイザーもいながら1分半もショートハンドをしてからじゃないと動けなかったのはなぜ?結局ここから5on5に戻り、木谷の反則は1:47から10分計測ということに変更。得点が動かなかったから良かったようなものの・・・。

9:33 明治1点目 G87金←A56山田←19牛来(拓)(EQ)
 木谷の代わりに2つ目ウイングに入っていた金が、ゴール前の混戦から出たリバウンドを押し込んできた。

10:42 反則 明治61 クロスチェッキング
 このSHは自陣に釘付けにはなるが、守りきった。

19:59 日大1点目 G29←A7←10(EQ)
 ピリオド終了間際、オンアイスは3つ目。足が止まって自陣に攻め込まれても体をしっかり入れられず、日大の選手たちに自由に走られ、ブザーと同時にGK右横を抜かれてしまう。つめが甘い。

シュート数 明治12 日大5

<第2ピリオド>

4:46 反則 日大7 トリッピング

5:17 明治2点目 G30木谷←A56山田←19牛来(拓)(PP+1)
 山田のゴール右サイドからのシュートリバウンドをゴール左前から叩いた。ミスコンの借りをしっかり返してきました!

6:43 明治3点目 G56山田←A19牛来(拓)←21赤坂(優)(EQ)
 赤坂がパックを持って左サイドからドライブし、逆サイドにパス。ゴール右前の牛来(拓)のシュートリバウンドを山田がゴールに流し込んできた。

7:14 反則 明治11 チェッキングフロムビハインド(マイナー+ミスコンダクト マイナー代行#87)
 アタッキングゾーンボード際で。ボーディングかと思いきや。。。
 このSHは日大にかなり自由に走られ、シュートも打たれるがなんとか守りきる。

10:55 明治4点目 G20牛来(建)(EQ)
 ニュートラルゾーンから一人で持ち込み、ゴール右サイドからミドルシュートを叩き込んできた。

14:48 反則 明治76 ホールディング

18:07 反則 日大29 フッキング

 上野が倒された。

19:59 明治5点目 G8長岡←A14佐藤←61土屋(PP+1)
 ブルーライン中央から。1ピリの失点のお返しのような終了1秒前のゴール。ちなみにこのちょっと前にスタンドで「長岡くんのゴールがみたいなー」なんて言ってので、ホントに決めてくれてうれしかったです。

シュート数 明治13 日大10

<第3ピリオド>
明治はGKを44伊藤→35加藤にチェンジ

0:14 反則 日大7 フッキング
 小原が切り込んでいったところをひっかけられた。

3:34 反則 日大29 フッキング
 ゴール裏で古市が後ろからひっかけられて倒された。

7:00 明治4つ目が今日初めてオンアイス

7:40 反則 明治15 フッキング/ラフィング(ダブルマイナー)
 自陣ブルーライン上でフッキングをし、ペナルティアドバンテージ中にベンチ側ボード付近でラフィングをし・・・。せっかくのオンアイスだったのに。

12:32 反則 明治40 フッキング

14:33 反則 日大21、19/明治30、56 ラフィング
 日大ゴールに明治が攻め込み、木谷がゴールに向かって切り込んで行ってその勢いで日大GKの上に乗ったのが発端でもみ合いに。大事にならずによかったです。。。

16:09 反則 明治47 ボーディング

16:36 反則 明治61 スラッシング

 3on5のピンチに・・・。

16:36 日大 タイムアウト
 日大はここで19-18-14-10-26と全員FWでPPに。でも明治もDFがしっかり守りきり・・・

19:43 反則 日大22 ラフィング

シュート数 明治7 日大5
トータルシュート数 明治32 日大20

明治大学5(1-1、4-0、0-0)1日本大学

(試合詳細はまた後日追記します)

ダブルヘッダーの第1試合でこれだけ反則が多かったことがDFの体力を消耗していないか気がかりですが(日大とインカレで対戦すると、反則が多くなるんですよね・・・)、ゴールを奪うことに苦労をしながらも、1ピリの反省を生かして2ピリ以降きちんと気を抜かずに点差を広げて終えられたのは良かったと思います。3ピリは点は入らなかったけれど、それほど緊迫していたわけでもなく、準決勝の対戦相手が決まる同時刻に十條スケートセンターで行われていた東洋大学vs関西大学の試合経過をチェックする余裕がありました(なにせ向こうの試合は延長戦まで行って1-1同点、GWSまで持ち込まれたわけで・・・)。
ただ、ゴールの感じは今まで決めたくても決められなかったあたりだったり、執念だったりを感じることができたので、リーグ戦のときよりはいい感じでFWが動けている印象でした。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

山下恭子

Author:山下恭子
明治大学アイスホッケーチームの情報、試合観戦記、写真などを掲載していきます。
管理人:山下恭子への連絡は
kyk_pooh@hotmail.com
(アットマークを小文字に変えて下さい)
もしくはFacebook、Twitter:kyoko_zoolifeまでどうぞ。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。