Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【観戦記】第11回大学アイスホッケー交流戦 準決勝 東洋大学vs明治大学

第11回大学アイスホッケー交流戦苫小牧大会 ファーストステージ 準決勝 東洋大学vs明治大学

明治大学
44伊藤 31寺島
61土屋 22小原 87金 21赤坂 76本間
30木谷 19牛来(拓) 56山田 15奥平 14佐藤
18古市 11角橋 20牛来(建) 71楠本 47阿部
17高橋 40上野 25近藤 3草森 16石橋

東洋大学
35 39
36 18 11 15 4
19 9 12 3 22
16 20 50 32 25
17 44 10 8 14

レフェリー:松田
ホームチーム:東洋

<第1ピリオド>
両チームとも3つ回し。

0:54 反則 東洋22 エルボーイング
 木谷がボードに叩き付けられる感じに。

1:39 金がゴール左前からシュートを放つが、GKのヘルメット直撃。

2:47 反則 東洋15 ハイスティック
 ゴール前で山田がフリーで抜け出してシュートを打とうとする直前に。

3:04 明治先制 明治1点目 G22小原←A21赤坂←87金

 ゴール左前フェイスオフから出たパックをブルーラインで赤坂が押さえ、近い距離で金にパス、金からゴール左横の小原にパスが出て、小原がGKを交わして落ち着いて決めてきた。 

4:25 反則 東洋11 クロスチェッキング
 このPPは東洋の早いチェックに苦しみ、球出しにかなり苦労して、まともにシュートを打てず。

5:55 反則 明治30 ハイスティック

7:24 奥平が東洋・高見に抜かれてフリーでシュートを打たれるが、GK伊藤がセーブ。

7:33 頭用にゴール右サイドからシュートを打たれるが、GK伊藤がセーブ。

10:48 本間の自陣でのクリアミスから東洋に2-1を取られるが、GK伊藤がナイスセーブ。

12:15 阿部の自陣でのレシーブミスから東洋にパックを奪われ、シュートを打たれるが、阿部自身がしっかりカバー。

13:03 ボード際の牛来(建)→ゴール前の古市にパス、古市がワンタイムでシュートを放つがゴール枠に入らず。

13:06 ゴール左前フェイスオフ、小原から後ろの土屋にパックが出て、そのパックをゴール正面の金につなぎ、金がシュートを放つがGKにキャッチされ決まらず。このパターンを決めたい気持ちはリンクからも伝わってくるけれど、そこにこだわっていたら成長は無い気がするな・・・. 

13:20 反則 明治76 インターフェアランス
 東洋に2-1を取られたところで。

17:32 赤坂が左サイドからパックを持ち込み、右サイドに走り込んだ金にパスを出し、金がシュートを放つがゴール上。

17:44 東洋1点目 G9←A10←12
 DFはゴール周りを固めていましたが、リバウンドを処理しきれずゴール正面から叩き込まれた。オンアイスは1つ目。

18:28 古市がゴール右前からシュートを放つ。フリーだったとはいえ、振りかぶりすぎ・・・。

19:31 土屋がフリーでニュートラルゾーンから持ち込み、ゴール手前まで引きつけて逆サイドを走り込んでいた小原にパス。小原のシュートは外れる。土屋が引きつける前に1本低めにシュートを放って、リバウンドを走り込んでいた小原が狙って行った方が良かったように見えたけれど・・・。

シュート数 明治13 東洋16

1-1で終わったけれど、実質1-5くらいで負けていてもおかしくないくらいの状況。GK伊藤にどれだけ助けられたか。東洋のスピードに付いて行けていない・・・。

<第2ピリオド>

0:36 ゴール前右サイドの赤坂からゴール左前の土屋にパスが通り、土屋がシュートを放つがGKにセーブされる。

4:20~5:07 2つ目がテンポよく東洋ゴールを攻め立てる。牛来(拓)と木谷で2-1になり、牛来(拓)がシュートを放ちゴール上に逸れるが、その後のパックを山田が拾って再びシュート。その後も佐藤のブルーラインからのシュートを基点にシュート、リバウンドでシンプルな攻撃を繰り返すが決まらず。

7:05 東洋に1-1を取られ(残った明治DFは本間)、シュートを放たれるがゴール枠を外れる。

7:25 小原がノーマークで抜け、シュートを放つがGKにキャッチされる。

8:53 東洋2点目 G20←A50←16
 ゴール正面から。3つ目がオンアイス。

9:52 反則 東洋3 フッキング

12:24 敵陣ブルーライン上でルーズパックを拾い、角橋がそのまま切り込んでシュート。

13:08 ゴール前でばたばたして、東洋にかなりゴールを攻め立てられ続ける・・・

13:14 反則 明治20 ハイスティック
 ニュートラルゾーンで上に上がったパックを処理するときに競り合いになっての反則。

13:36 東洋3点目 G36←4(PP+1)
 SH最初のシフトで、バックドアに叩き込まれた。1つ目がオンアイス。

13:47 反則 明治15 チェッキングフロムビハインド(ミスコン+マイナー:マイナー代行#20)
 自陣ゴール裏の混戦に奥平が突っ込んで行ったのがこの反則に。奥平のポジションにはこの後試合終了まで石橋が入りました。

15:03 反則 明治22 スラッシング
 ベンチにいた4年生、阿部、赤坂あたりから「がまんしよう」「落ち着こう」としきりに声がかかりましたが・・・。

15:38 東洋4点目 G16←A11←36(PP+2)
 バックドアがらあきのところにパスを通され、そこをフォローしきれず。牛来(拓)-本間-赤坂がオンアイス。

19:15 牛来(建)、古市、角橋で3-1の形となるが、ゴール近くまで持ち込みすぎてシュート打てず。

シュート数 明治8 東洋18

スピードについていけないから、反則、そしてあっけなく失点・・・。バックドアやゴール近めの混戦からだとGKでは対処しきれない部分も多いし、東洋との戦い方をちゃんと知ってる上級生が頑張らなきゃいけないところだったけれど、頑張れなかったですね。。。

<第3ピリオド>
明治は3つ目のラインを40上野 11角橋 25近藤 71楠本 47阿部に変更(ウイング二人を1年生に入れ替えです)

0:27 金がゴール裏からゴール前の小原にパスを出すが、小原のシュートは決まらず。

2:28 東洋5点目 G16←18
 東洋に2-1を取られ、GK股下を抜かれる。このとき新3つ目の初シフトだったので更に対応が難しかったかも。

2:58 反則 東洋15 ホールディング

4:43 木谷がパックを持ってゴールに突っ込んで行き、そのまま身体ごとゴールへ・・・。

6:47 明治2点目 G56山田
 敵陣内ブルーライン付近でパックを広い、そのまま東洋DFを交わして、ミドルシュートを叩き込んできた。

7:09 東洋に2-1を取られ(残ったDFは阿部)、後ろから角橋がなんとか戻り、東洋のシュートもゴール枠からわずかに反れてしのぐ。

7:58 赤坂のシュートを基点にゴール前でリバウンドを叩くが決められず。

8:01 反則 明治61 スラッシング/ラフィング(ダブルマイナー 代行#56)/東洋15 ラフィング
 上のゴール前の混戦の中から、土屋がもみ合いを始め、それがラフィングを取られた。
昨日の動画にも土屋がベンチ前で相手選手ともみ合いをしかけている様子が残っていますが、試合終了前、残り時間が少ない時に一番無駄なことを4年生がするのはどうなんだろう。

11:46 金がゴール前からゴールを背にブルーラインの本間にパス、本間がシュートを放つがGKにセーブされる。

13:50 反則 明治19 ハイスティック

14:43 阿部が東洋のシュートコースにボディスライドで飛び込みセーブ。

15:36 ニュートラルゾーンから小原が持ち込みシュートを打つが、ゴールの上ネットに乗ってしまう。

16:21 反則 東洋 メンバーオーバー(#50)

0:50 明治 エンプティネット
 6人攻撃はしてみたものの、東洋にかなりパックを支配され、シュートもかなり放たれるが本間がゴール前に戻り、全て身体でセーブ。

シュート数 明治9 東洋11
トータルシュート数 明治32 東洋45

明治大学2(1―1、3―0、1―1)5東洋大学


勝ちにこだわって欲しかったけれど、ちょっと今のチーム状態では難しかったですね。今日失点したときに相手に出されたパスコースや、パスのスピードに対して、多分今日の明治の選手たちは想像できていなかったんじゃないかと思います。
でも、それに気づく機会が得られただけでも一昨日の早稲田戦に勝った価値があったのですよね。と私は信じたい(笑)
明日の3位決定戦と、あと数日の練習でリーグ戦が開幕。まだまだ明治には強くなる余地はたくさんあります。今日までの反省点を明日の試合で全部試すぐらいの勢いで、夏合宿を締めくくって下さいね。

明日の試合は12時半~3位決定戦vs法政@王子スケートセンター
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

山下恭子

Author:山下恭子
明治大学アイスホッケーチームの情報、試合観戦記、写真などを掲載していきます。
管理人:山下恭子への連絡は
kyk_pooh@hotmail.com
(アットマークを小文字に変えて下さい)
もしくはFacebook、Twitter:kyoko_zoolifeまでどうぞ。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。